Minecraft Life

マインクラフトの建築・攻略情報ブログです

【PE・PS版】全自動!かぼちゃ&スイカ自動収穫機の作り方!

PE・PS3/4/Vita版のかぼちゃ・スイカ自動収穫のtop画像

PC版ではBUD回路を使って、簡単にかぼちゃ・スイカ自動収穫機を作ることができました。

しかし、PEや他のコンソール版ではBUD回路は使えません。(元々バグを利用した回路だったと思うので、直したようです)

その代わり、オブザーバーというブロックが追加されており、そちらを使用することで同じような自動収穫機を作ることができます

今回は、オブザーバーを使ったPE・PS3/4/Vita版のかぼちゃ&スイカ自動収穫機を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

収穫の仕組み

かぼちゃ・スイカ自動収穫機で定番となっているピストンを今回も利用します。

ピストンの作動によりかぼちゃ&スイカをアイテム化

画像のように、ピストンが作動すると、かぼちゃ・スイカがアイテム化します。

今回はこれに加えて作物ができた時に、オブザーバーを使って検知する仕組みを作ります。

 

オブザーバーとは

オブザーバーの顔のついた面が斜め左を向いている
検知する面
オブザーバーの赤い穴のある面が斜め右を向いている
信号を発する面
材料 丸石×6
レッドストーン×2
ネザー水晶×1

 オブザーバー(PEは「観察者」)は、隣接するブロックが更新されたときに、それを検知して信号を出すブロックです。

顔のように穴が空いている側が検知する面で、赤い穴が開いている側が信号を出す面です。

PE版はテクスチャが異なる

PEのオブザーバーのテクスチャが左を向いている
検知する面
上の画像と同様に赤い穴の面が左を向いている
信号を発する面

PE版は、検知する面のテクスチャが異なり、白の四角い穴になっています。

 

完全全自動かぼちゃ&スイカ収穫機の紹介

では、回収まで完全全自動のかぼちゃ&スイカ収穫機の作り方を紹介していきます。

完全全自動かぼちゃ&スイカ収穫機の見た目

動作:PE1.1.4、Vita1.55で動作確認済み

かぼちゃが出来るたびにピストンが作動して、下にあるホッパー付きトロッコで回収してくれます。PC版とほぼ変わりません。

上の完成図は、レッドストーン回路を隠したものになります。本体は下のように、もっと小さいです。

本体は小さい

回収したかぼちゃは、中央に埋まっているチェストから取り出します。今回は、本体部分のみ、作り方を紹介したいと思います。

 

1時間放っておくと、20個程度収穫してくれます。スペースもそれほど取らず、わざわざ回収に行かなくてもいいのでとても効率的です。

経過時間ごとの回収数
1時間 2時間 3時間 4時間 5時間
21個 50個 71個 92個 113個

手順5まではPC版と同じ作りです。仕組みが少し異なるため、最終的にこちらの方が1マス分大きくなります。

 

収穫機づくりの手順

必要なアイテム
名称 名称
チェスト 1 ホッパー 2
パワードレール 2 レール 16
レッドストーントーチ 2 ホッパー付きトロッコ 1
オークの木材 52 かぼちゃの種 9
ピストン 10 1
リピーター 1(2) レッドストーン 22(21)
オブザーバー 9    

 

1

地面を掘って、チェスト、ホッパーを設置

地面を掘った後にホッパーとチェストを埋めこむ

地面を縦2×横9マス掘ります。中央には、ホッパーを2つ、チェストを1つ埋め込みます。

ホッパーはチェストに繋げましょう。チェストに向かってShiftを押しながら右クリックで繋がります。

 

2

レールを設置しトロッコを走らせる

レールにホッパー付きトロッコを走らせる

掘った穴にレールを敷き、ホッパー付きトロッコを走らせます。

パワードレールの2ブロック下には、レッドストーントーチを設置して、動力を送ります。

 

3

レールを土で隠し、周りにオークの木材

上に土とオークの木材囲む

レールの上を、縦2×横9マスの土ブロックで覆います。

オークの木材を周りに設置します。奥は土ブロックとの間に1マス分隙間を設空けましょう。チェストの上は何も設置しないでください。

 

4

種をまき畑を作る

水を設置して畑を作る

先ほどあけた隙間に水を流します。水なしでも植えられるのですが、すぐに土が乾いて植えにくいです。次に、手前の土を耕して、かぼちゃの種を植えます。

 

5

水の上にピストンを並べる

水の上にピストンを並べる

一番奥に、もう一段木材を並べます。並べた木材の手前に、水を隠すようにピストンを並べます。ピストンは畑の端から端まで9個使用します。

 

6

オブザーバーを設置

ピストンの上に木材、その手前にオブザーバーを並べている

ピストンの上に木材を並べます。木材の手前にオブザーバー(観察者)をはしからはしまで9個くっつけましょう。赤い穴が上になるよう向きをそろえて下さい。

 

ここまで作った収穫機を左側から見ている

よこから見ると、カボチャができるマスの上にオブザーバーが設置されています。これにより、カボチャができたこと検知できるようになります。

 

7

左側に木材を追加する

木材を使ってL字型を作る

一番後ろの木材を、左側だけ伸ばします。木材を3個使って、L字型になるよう突起を作ってください。

 

8

回路を作る

オブザーバーの左に木材・ピストン(上向き)・木材、その上に左からリピーター・砂の順で置く

オブザーバーが検知したときに作動させる仕組みをつくりましょう。オブザーバーの隣に木材、ピストン、リピーター、砂を画像のように設置します。

 

9

レッドストーンで繋げる

コの字につながれたレッドストーンを上から見ている

一番はしのオブザーバーからリピーターまで、砂の隣から一番はじのピストンまでレッドストーンを伸ばします。

 

PS3/4/Vitaの場合

PS3/4/Vitaの場合、追加で以下の手順が必要になります。

砂の隣のリピーターに1、反対側の回路にあるリピーターに2の番号が振られている

リピーターを2回クリックして、遅延を発生させます。反対側にもう1つリピーターを設置します。

 

10

ガラスで囲って完成

畑の部分をがガラスで囲った様子を正面から見ている

かぼちゃが飛び出さないように、ガラスで囲って完成です。

 

注意事項

・チェストの穴に小さいMobが落ちて、トロッコを止めてしまう可能性があるので、木のトラップドアを設置しておきましょう。

・次のかぼちゃができる間隔が短すぎると、オブザーバーが検知できないことがあります。(次にかぼちゃができたときに作動するので、放っておいても問題ありません)

 

スイカ畑も同じ作り方

種をスイカにすれば、スイカ自動収穫機になります。スイカの場合、押し出されたらスイカブロックが壊れてアイテム化します。 

 

まとめ

PC版の自動収穫機は別に紹介していますが、この記事のPS3/4/Vita版はPC版(1.12)でも動作可能です。

放置する時間が長すぎるとチェストの中がいっぱいになってしまうので、マイクラ時間でいう2・3日に一度確認するか、チェストをもう一つ加えてラージチェストにしてみましょう。

 

▼関連記事
効率的で簡単なサボテン自動収穫機のつくり方!今までの3倍の回収量

粘土を効率的に集める方法とは?!道具・場所のオススメ!

マグマブロックを使った新しいスライムトラップタワーの作り方!効率重視!

 

▲ページTOPへ