Minecraft Life

初心者でも分かりやすい攻略情報や、建築日記など発信中!目標は、ルーブル美術館を再現!

第五回【馬小屋の作り方】仕上げ

第五回【馬小屋の作り方】仕上げ

今回の【馬小屋の作り方】第五回目で、最終回となります。建屋の内装と、周辺の装飾をして完成させましょう。

馬小屋の紹介&メニューはこちら!
馬の管理がしやすい!馬小屋の作り方 | マイクラ 

※注意事項※

使う素材に大釜や骨ブロック、サドルが入っているので、中級者向けとさせて頂いています。しかし初心者でも代用のブロックを使えば作ることができるので、ぜひ作ってみてください。

 

スポンサーリンク

 

k.内装

次に、囲いの中を装飾していきます。水飲み場を作りましょう。

まず、囲いの入り口から一番遠い地面を1ブロック掘ります。

 

そこに大釜、トリップワイヤーフックを設置してください。大釜には水を入れます。

大釜がない場合は、穴に水を入れるだけでOKです。

 

水飲み場の周りを3ブロック掘り、干草の俵を縦に埋め込みます。

 

残り2ブロックの地面も掘り、干草の俵を横向きに埋め込みます。

 

これを全ての囲いの中作ってください。

 

l.外装

次にここが馬小屋であることが分かりやすいように、看板を作ります。

片方の梁(はり)の真ん中にオークのフェンスを2つ設置します。

 

その上に、オークの木材を2つ設置します。

 

そしてオークの木材の上に、額縁を2つ貼り付け、サドルとリードを飾りましょう。これで建屋は完成です。

サドルはすぐ手に入るものではないため、手元にない場合は小麦など、馬に関係のあるものを飾ってください。

 

m.周辺の装飾

次に建屋までの道を作ります。ここからは、自分のワールドの雰囲気に合わせて頂いた方がいいと思いますので、ざっくりと紹介したいと思います。

※ここから使う素材は、『必要なアイテム』に記載されていません。

 

建物真ん中の道に接するように、砂の道を作ります。

▲長さは自分のワールドの周りの道に合わせて、適当な長さに。今回は、横3ブロック×縦19ブロックにしました。 

 

草や干草の俵、作業台を置いて、使われている感じを出します。草は多めに置きましょう。

 

周りには、建物の壁にそってオークの葉を並べます。

 

どんどん自分のワールドに合わせて装飾していきます。まわりに木を植えたら、少々でかすぎな木が生えてしまいました。

 

最後に馬を入れてみましょう。こんな感じになります。

 

以上で、【第五回 仕上げ】は終了です。馬小屋の建築、お疲れ様でした!

馬とともによいクラフターライフをお送りください。