Craft Life

マインクラフトの建築・攻略情報ブログです

サボテンの基本的な植え方と素早い回収方法 | マイクラ

今回はサボテンの植え方!

砂漠バイオームに行くと、あちらこちらに生えているサボテン。染料や防護柵、ゴミ箱などに使えるのですが、他の作物とは植え方がだいぶ異なります。

植えるのに注意点は多い反面、回収はとても簡単です。

この記事では、サボテンの正しい植え方と、効率的に素早く回収する方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

サボテンとは?

染料に使えるほか、近づくとダメージを受けたり、アイテムを消してしまったり、多くの特徴を持ったブロックです。

サボテンの特徴

精錬すると
染料に
かまどで精錬すると、緑色の染料を作ることができる。緑色は、サボテンからのみ手に入る。
近づくと
ダメージ
生えているトゲにぶつかると、プレイヤー・モンスター・家畜みんなダメージを受ける。防護柵に使うことができる。
アイテムを
消滅させる
サボテンにぶつかったアイテムは消滅したり、壊れたりする。これを利用するとゴミ箱が作れる。

成長には水も光もいらず、ネザーでも成長させることができます。

継続的に栽培を行う場合は、自動収穫機を作りましょう。収穫がとても楽です。

今回は、サボテンの基本的な植え方・栽培の方法を紹介します。

 

サボテンの植え方

植え方のポイント2つ

1.砂ブロックの上に植える

砂ブロックのみに植えることができます。(赤い砂の上もOK)砂岩や砂利の上には植えることができません。

2.隣にブロックを置かない

サボテンは隣にブロックを置くことができません。1マス空けて設置するか、斜めに設置します。

 

サボテン栽培の手順

地面を砂に置き替える

サボテンは、砂ブロックの上のみに植えることができます。まれに砂ブロック以外のブロックに生えているサボテンがありますが、自然生成されたものだけです。

 

1マス間隔をあけて設置する

1マスずつ間隔を空けて設置しましょう。サボテンの隣にはブロックを置くことができません。理由は、次の「サボテンを素早く回収する方法」の見出しで紹介します。

 

成長するまで放置

ほかの作物よりも成長に時間がかかるので、しばらく置いておきましょう。最大3ブロックの高さまで成長します。

たまに自然に生えているサボテンの中には、4ブロック以上のものもあったりします。

サボテンは骨粉では育たない

どんな植物でも成長させてしまう魔法の粉・骨粉ですが、残念ながらサボテンには効きません。成長も遅いので、じっくり見守るしかないのです。

 

根本を壊すと一気にアイテム化

成長したら根本を壊してアイテム化してみましょう。サボテンは一番下のブロックが壊れれば、その上のサボテンも全て壊れます。

 

回収

アイテムを回収します。

 

そのまま栽培を続けるには

その後も栽培を続けたいのであれば、下1ブロック残して回収しましょう。繰り返し成長してくれるので、再度植える手間が省けます。

回収の際には、壊れたアイテムが他のサボテンに当たって消滅しないよう気を付けてください。

成長を止めたい場合

成長を止めたい場合は、サボテンの上に他のブロックを乗せてください。カーペットでも成長を止めることができます。

 

成長に必要な空間は1マス以上でOK

木を植林する場合には、決められたブロック以上の空間を確保しなければ成長しませんが、サボテンの場合は、1マスの空間でも成長します。

画像のように、上に1マス開けた場合でも、2マス空けた場合でも余分な空間を確保する必要がありません。ギリギリまで成長してくれます。

地下に施設を作る時にも、それほど天井の高さを気にすることなく栽培できますね。

 

サボテンを素早く回収する方法

サボテンには、隣にブロックを置くと、壊れてアイテム化するという特徴があります。

サボテンの隣に、ブロックを置いてみましょう。

このように壊れてアイテム化します。

自然にまばらに生えているサボテンを回収する時には、この方法が一番効率的でおすすめです。

2つのサボテンの間にブロックを置けば、一気に両方壊すこともできます。

 

サボテンの自動回収機を作ろう

成長の遅いサボテンをじっくり見守っていてはマイクラが遊べなくなってしまいます。ぜひ、サボテンの自動回収機を作りましょう。

上で紹介した、ブロックを使った回収方法を応用して作ることができます。レッドストーンを使わずに、サボテンの収穫からアイテムの回収まで全自動です。

作り方は従来の3倍!とても効率的なサボテン全自動収穫機の作り方を考えてみた。で紹介しています。

 

▲ページTOPへ