Minecraft Life

初心者でも分かりやすい攻略情報や、建築日記など発信中!目標は、ルーブル美術館を再現!

街のお医者さんの家 & 診療所を建築~外装編~

さて今回は、久しぶりに街の建築です!

外装を作る作る予定の土地

今回作るのは、街のお医者さんの家と診療所!1階が診療所、2階がお医者さんのお宅になる予定です。

建築場所は、民家2軒がある場所のお隣。近くにお医者さんって2軒の民家は便利だなあ!


スポンサーリンク

 

まずは、土台作り&柱を立てる

土の土台の上に木の柱の骨組みまずは、家を基礎を作っていきます。ここで家のだいたいのカタチを決めていくのです。

大きさの違う豆腐を何個も繋げていくイメージで作っています。この時点ではまだ内装やら何も決まっていないことが多いです。とりあえず、隣の民家とは違う形にしたいですね。

壁で大体の雰囲気が決まる

シラカバを使った壁や装飾で壁づくり次に壁をはります。何の素材で壁を作るのかは、建てる家のコンセプトによって違います。今回は、お医者さんだったので、なるべく清潔感のある白っぽい家にしようと白樺の木材を使っています。

しかしこの家は診療所でもありますが、一応『お医者さんの家を改装して作られた診療所』という設定にしているので、家っぽさが大事になります。白一色だと街の雰囲気や隣の家になじめないので、周りとのバランスなども考えて、他の色の木材も使用しました。

 屋根の形を決める

石で作った急な勾配の屋根の枠組み

次に、屋根を作ります。まず屋根の形を決めるために、枠組みを作ってみます。うーん、この家の屋根は形が難しい・・・・。

緩やかな勾配の屋根の枠組み2回ほど作り直して形を決めました。屋根はカタチの他に、素材にも悩みます。。。

屋根は重厚感のある濃い色がいいのですが、この家が白すぎるので悩んでいます。

リフォームの匠さんが訪問される

クリーパーを梁の上から見下ろす

屋根で悩んでいると、匠(クリーパーというモンスターです。近づくと自爆します)が家を見に来ました。(ドアをつけていない入り口から侵入した模様)

どうやらこの家が気に入ったようです。爆発してリフォームするにはとっておきの家と言っています。

丁寧にお断りして、天国へお送りいたしました。

屋根が完成

ダークオークで覆った屋根「やはりダークオークの素材にしよう」ということになり、あっさり素材が決まったので屋根を張りました。

これで隣の家ともなじむはず。

あと、匠がもう来ないように入り口にドアをつけました。

装飾後、完成

花や照明を飾った入口窓やら玄関やらを装飾して完成です。

今回玄関には、貴重なグロウストーンをレッドストーンランプにして使いました。ネザーでグロウストーンがあまりないので私の世界では貴重品です。柄がおしゃれなのでもっと使いたいですね。

一階の大きな窓は、外から中が見えないようにバラ&生垣を設置しています。診療所に太陽の光を取りこみたいものの、外からはお医者さんに通っている人が見えないように工夫しました。でも、実は手前の階段の上から見えてしま・・・

診療所はなるべくやわらかな太陽の光を取りこんで明るくして、お医者さんに通う人たちの心も明るくなればいいなあと。

一階奥は一部壁がない横から見るとこんな感じです。

1階の奥の壁がないのは、手抜きではないです。ええ。心のきれいな人には、見えるらしいです。

 

以上、お医者さんの家&診療所の外装づくりでした!次は、内装を作ります。

www.mine-craftlife.com